【ゆゆゆい】赤嶺の時代なら造反神に協力する理由ってなに?

SP ビッグバナー





引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/applism/1519564017/

733: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/02/27(火) 21:44:09 ID: 0vhrITNGM.net
12話読み終わったところで質問なんだけど赤嶺の時代なら造反神に協力する理由ってなに?赤嶺が対人戦慣れてるのは何故?あと棗をお姉さま扱いしてるのってなんで?
上のほうで語られてたらすまんハードはまだやってない
736: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/02/27(火) 21:45:08 ID: 653B1aFIp.net
あの時代の事情で造反神側にいるのだから
それが解決されない限り、仲間になることはないだろう
743: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/02/27(火) 21:48:51 ID: Ti6gA1eT0.net
>>733
赤嶺の時代なら造反神に協力する理由ってなに?
棗をお姉さま扱いしてるのってなんで?

まだわからない

赤嶺が対人戦慣れてるのは何故?

神世紀72年にバーテックスを信仰する集団が現れて、その集団がテロを行うようになってそれを鎮圧したのが赤嶺家
なので赤嶺友奈ちゃんも元の時代では人を相手にしていたのだと思う

738: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/02/27(火) 21:47:14 ID: FujfyL3Od.net
>>733
最初と最後は不明
真ん中はバーテックスの強さに魅せられた人類の一部が起こすたテロを鎮圧したのが赤嶺家、つまり対人戦だった
神世紀72年にはバーテックスいないしね
749: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/02/27(火) 21:53:59 ID: 0vhrITNGM.net
>>738
>>741
>>743
レスサンクス!
なるほどね対人戦得意な理由はわかったけどバーテックス信仰集団を鎮圧したのに造反神に協力って矛盾してね?って思ったけどその辺も今後の追加シナリオで明かされるのかな追加楽しみだ
750: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/02/27(火) 21:54:56 ID: iFSHEdHgM.net
雪花の今回の態度って
「人間を敵だと認識した事があるのは自分だけ(だから自分が矢面に立たないと)」
って意味なんじゃないかと推測してる
753: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/02/27(火) 22:00:15 ID: iFSHEdHgM.net
>>749
そもそも造反神って神樹内の主流派と意見が対立してるってだけで、人間に対して敵意があるのかどうかって所からして実は不明じゃねえかな。

主流派も造反神も、方法が違うってだけで、どっちも人類の味方なんだと思う。
想像してるのは主流派が「現状維持延命論」で、造反神が「残りの力全投入して決戦論」なんじゃないかと思ってるんだけど。

741: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/02/27(火) 21:48:14 ID: iFSHEdHgM.net
>>733
赤嶺家についてはくめゆ小説の中で過去にバーテックスを信奉するテロリストの事件を解決した功労者として名前が挙がっている。
だから対人戦なのかと。

その時にくめゆのキャラの1人の先祖も協力していたらしいのだがその事は後世に伝えられていない。

もしかすると単なるテロってだけじゃなくまた大赦がなんか隠蔽やらかしてるってのもありえるか?

755: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/02/27(火) 22:01:30 ID: x077fITO0.net
新敵キャラ「こら友奈!そんな厨二病みたいな口調似合わないからやめなさいって言ったでしょ!」
赤奈ちゃん「だって〜TT」

っていう展開で頼む

766: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/02/27(火) 22:25:30 ID: 8X1omQct0.net
>>741
単純にバーテックスの存在を非公開にしたから細かい記録が残せないと思ってる
756: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/02/27(火) 22:04:28 ID: rQzl0Xtr0.net
>>741
どこにあったかは覚えてないんだけど
赤嶺より後の時代に大掛かりな検閲がされた、みたいなことがどこかで言われてた気がする
その検閲が神世紀72年のテロを受けてのものである可能性もある
763: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/02/27(火) 22:22:01 ID: zNda9prl0.net
>>756
検閲の記述はのわゆ小説版エピローグのはず
ちょうど神世紀100年に実施だったかな
スポンサーリンク
PC 336 280




PC 336 280




  • このエントリーをはてなブックマークに追加